旅行・旅

【ウィーン1日観光を徹底解説】おすすめ観光地14選とモデルコース!

芸術の都として有名なオーストラリアの首都ウィーン!
ヨーロッパ周遊旅行などで、どうしても時間が取れなくて1日しか観光する時間がない方もいると思います。1日しか時間がないなら、効率よく観光をしたい!
でも、
・おすすめの観光地はどこだろう
・どのように回ればいいのだろう
・徒歩で観光できるのか

という方も多いと思います。

そこでこの記事では、
・1日で観光するときのおすすめスポット
・おすすめのモデルコース

の順番に説明していきます。
簡単に読めて、1日でウィーンを観光する助けになると思うので、是非読んで見てください!

【ウィーン1日観光を徹底解説】おすすめ観光地14選とモデルコース!芸術の都として有名なオーストラリアの首都ウィーン! ヨーロッパ周遊旅行などで、どうしても時間が取れなくて1日しか観光する時間がない方も...
あおい
あおい
初めてのヨーロッパ旅行の準備と計画についてまとめてみました!
少なからず力になれると思うので参考にしてみてください!

オーストリアの首都「ウィーン」

ハプスブルク帝国の都として繁栄を極めたウィーンは、芸術の都と呼ばれるにふさわしい街並みです。モーツァルトやベートーヴェンなど、この街にゆかりのある音楽家は数えきれないほど。美術館巡りや音楽鑑賞、宮殿巡りなどたくさんの魅力的な出会いが待っている。

ウィーン観光スポット14選!

これだけは押さえておきたいウィーンのおすすめの観光地14選です。

ウィーンおすすめ観光地
  1. マリアテレジエン広場
  2. ホーフブルグ王宮
  3. フォルクスガルテン
  4. ウィーン市庁舎
  5. ウィーン大学
  6. ヴォディーフ教会
  7. ミヒャエル広場
  8. 聖ペーター教会
  9. ペスト記念柱
  10. シュテファン大聖堂
  11. モーツァルトの家
  12. アンカー時計
  13. オペラハウス
  14. 楽友協会

この記事をスマホで見ている方は、右上にある拡大ボタンを押すと、自分のスマホのアプリ「Google Map」で閲覧できるようになります。
そうするとによって、自分の現在位置と観光地との位置が把握しやすくなるので、是非試してみてください!

マリアテレジエン広場


マリエテレジエン広場の向かいには、ハプスブルク家代々の工程によって収集された世界の美術品を収蔵する美術史博物館がある。その量と質は、ルーブル、プラドと肩を並べる。

ホーフブルグ王宮


かつてのハプスブルク家の居城で、ハプスブルク家の歴史と英華の象徴である。旧王宮と新王宮からなり、それぞれ博物館がある。ハプスブルク家のコレクションや展示物が豊富に見ることができる。

フォルクスガルテン


ウィーンにある公共の市民庭園で、無料で入ることができる。オーストリア帝国初代皇帝のフランツにより、1819年に造園が始まり、その4年後に完成した。

ウィーン市庁舎


1872年から1883年に建設されたウィーン市庁舎。ケルン大聖堂建設主任を務めた設計者フリードリヒ・フォン・シュミットが建設を務めた。ウィーンで最も重要なネオゴシック建築の一つ。

ウィーン大学


1365年に創立されたドイツ語圏の最古で私大の総合大学。ルドルフ4世が創立したことにより、当初は「ルドルフ4世大学」と呼ばれていた。

ヴォティーフ教会


1879年に完成した、ウィーンで2番目に大きなヴォティーフ教会。この教会の1番の魅力はステンドグラスで、多くの人々を魅了してきた。

ミヒャエル広場


ホーフブルグ王宮の前にある大きめの広場。多くの馬車が止まっている。広場の中央付近には古代ローマ時代の遺跡が残っている。

聖ペーター教会


9世紀に建設された、ウィーンで2番目に古い教会。毎日オルガンコンサートが開催されているので、是非聴こう。美しいバロック協会で聞く、オルガンの音色は鳥肌間違いなし。

ペスト記念柱


シュテファン寺院から出ているウィーン旧市街のぐらーべん通りにあるペスト記念柱は、三位一体記念柱とも呼ばれている。ヨーロッパ各地で猛威を振るったペストがウィーンに1697年に襲い、10万人と言われるほどの死者を出した。

シュテファン大聖堂


12世紀に建設が着工され、300年の長い時間をかけて完成したオーストリア最古のゴシック教会。二つの塔に上ることができるほか、地下のカタコンベも見学可能。

モーツァルトの家


モーツァルトが生まれて7歳まで住んでいた家。モーツァルトが幼少期に使っていた小さなヴァイオリンが展示されていたり、モーツァルトが生まれた部屋に入ることができるなど、必見。

アンカー時計


ウィーン旧市街地のホーアーマルクトというローマ時代からの歴史的に重要な広場にあるアンカー時計。装飾が綺麗で、眺めているだけでも楽しいが、場所が分かりにくいので注意。

オペラハウス


オペラハウスこと、ウィーン国立歌劇場は世界で最大のレパートリーを誇る歌劇場で、世界で最も重要なオペラハウスの一つとしてその地位を確立している。鑑賞するには、ドレスコードは必須なので、忘れずに!

楽友協会


国立オペラ座と並ぶ、ウィーンを代表するコンサートホールで、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地。モーツァルトの時代の衣装を着た楽団のコンサートを聴くことができる。立見席もあり、安く入場できる。

モデルコース

ウィーンの観光地は比較的密集しているので、全部徒歩で巡ることができます。

ウィーン1日観光のモデルルート

9:00 マリアテレジエン広場
左右両方に似たような建物に囲まれたきれいな広場。是非美術館に入ろう。1日観光で忙しければ、外装だけで次に進むの手。

10:00 ホーフブルグ王宮
門を抜けると大きな建物が囲う様に見ることができる。かつての居城は必見。

11:30 フォルクスガルテン
市民庭園なので、無料で入ることができるが、入口を見つけるのに少し苦労するだろう。

12:00 ウィーン市庁舎
市長舎とは思えないほどの立派な建物で、前にはメリーゴーランドがある。

12:30 お昼ごはん

13:00 ウィーン大学
外国の大学に興味がある方におすすめ。1回入ったら出るのに苦労するかもしれない。

13:30 ヴォディーフ教会
前の広場から、ヴォディーフ教会を一望できる。みんなが寝そべっているので、一緒に寝てみるのもあり。

14:30 ミヒャエル広場
馬車が数多く停まっているので、においに注意。中央にある、古代ローマ時代の遺跡を見逃さないように。

15:00 聖ペーター教会
時間を調整して、オルガンコンサートを聞くのはおすすめ。平日は15時に開催されている!

16:00 ペスト記念柱
シュテファン大聖堂を向かうまでに見ることができる。

16:30 シュテファン大聖堂
ウィーンの街の真ん中にある、とても大きな教会は見逃すことができない。人も多く、馬車もよく見かけることができる。

17:30 モーツァルトの家
モーツァルトの家は少し細い路地にあるので、しっかりと地図を確認しよう。中に入ってモーツァルトが生まれた部屋を見るべし。

18:30 アンカー時計
シュテファン大聖堂から少し北上した位置にある。こちらも場所が分かりにくいので要注意。

19:00 夜ごはん
シュテファン大聖堂からオペラハウスに向かう途中に歩行者天国の通りがあるので、そこで食べるのがおすすめ。

19:45 オペラハウス
今回は、楽友協会で演奏を聴くので今回は、建物を見るだけ。

20:00 楽友協会
ウィーンで生のオーケストラ演奏を是非!私事になりますが、とても感動したので、立ち見でもよいので絶対に鑑賞しましょう。

※時間には個人差があります。
これはあくまで僕がウィーンを1日観光にした時のものですので、目安として参考にしてください。

まとめ

ウィーンはたくさんの観光地があり、1日で巡るにはもったいないですが、それでも旅行の仕方では僕みたいに1日で観光をしなければならないこともあるます。
そんな時に是非、満足できるようにしっかりと調べて、ウィーン観光地を巡りましょう!

【ベネチア1日観光を徹底解説】おすすめ観光地14選とモデルコース!世界中で最も美しい都「ベネチア」! ヨーロッパ周遊旅行などで、どうしても時間が取れなくて1日しか観光する時間がない方もいると思います。...

ウィーンを1日で満喫するには、
・観光スポットを決めておく!
・徒歩圏内なので、道を間違えない!
・大体の位置を地図で把握しておく!

の3ポイントを抑えておけば、ウィーン1日観光は大成功になること間違いなしです。
最高の旅行にしましょう!

【体験記】大学生が初めてのヨーロッパ周遊旅行を計画する話。【準備・お金など】 それでも、今まで挑戦をしたことがないことに挑戦することで得られるものがあると思い、一人旅を決意しました。 その経験を通...