受験勉強法

【受験生向け】人が高学歴を目指す理由。なぜ勉強するのか。

高校受験では頭のいい高校に入りたい。大学受験で、一流大学に入りたい!

大体の人が、そう思うでしょう!
高学歴を求める人が多いですし、できるなら高学歴になりたいでしょう
ではなぜ高学歴を目指すのか、考えてみたことは、ありますか?

やりたこと・なりたいことが見つかっているのか。

このような言葉をよく聞きます
「将来、なりたい職業や、やりたいことを学べる大学を選べ!」
この言葉をよく見かけるのは、実際に社会人になったときに、こういうことを思ったから伝えています

確かに、やりたいことがあればこのような言葉は正しいでしょう
しかし、学生のときに、本当に将来やりたいことが見つかっているかと言われれば、大半の人が見つかっていません

きっと、いま社会人で、後悔している人も、大学受験の時は、やりたいことが見つかっていなかったから、大学と仕事が結びつかず、後悔することになったのです

やりたいこと、なりたい職業が、見つかっている人は、「将来につながる大学」を選べばいいと思います
先生になりたければ、教育大学に行けばいいのです

同じ志を持つ仲間が周りにいることは、自身のモチベーションアップにもつながりますし、スキルの向上効率もよくなりますからね

しかし、高校3年生のとき、本当のやりたいことが見つけるのは、大変に難しいと思います
かくいう私も大学3年生までは、全然ありませんでした

特に最近の若者は、見つかっていないことはよくあることだと思います

だから、大学を選ぶのが難しくなります
そうなったときに、受験生が目指すのが、少しでも高学歴な大学です
これは自然な流れだと思います

将来、やりたいこと・なりたいことがない。

『とりあえず、高学歴。』

実はこれが正しかったりします

なれるなら「高学歴」をめざせ

やりたいことが見つからないなら、とりあえず「高学歴」を目指す

上から下に行くことは、下から上に行くことよりも難しい

モノを運ぶのも1階から2階に投げるよりも、2階から1階に投げるほうが楽ですよね
それと同じで、高学歴になるほうが大変です

勉強も堕落することは簡単でそれを維持、上げていくことは難しいです

よく言われる、少しでも上を目指すことはとても大事です

ここでは、上を目指すことを、一流大学に入ることにして、話していきます

上から下が簡単ということを就職を例に見ていきます

就職では、学歴が大事になりますよ

高学歴な人材を求めている企業では、一流大学の人は大丈夫ですが、そうではない人は、エントリーシートが通らない可能性が出てきます
逆に、低学歴でも大丈夫ということは、高学歴でも大丈夫ということになります。

簡単に言えば、こういうことです

目指すは「高学歴」というのは、大事なのです

また目指すということは、それだけ、勉強をしなければならのです

目指す過程も大事です。膨大な努力が必要ですからね
また、達成したときの達成感と、自分でもここまでできるのかという自信が得られるのも大きいです
一度でも、できたという結果を得られることが、今後なにかを取組むときに、努力すればできるんだという気持ちになるからです

『高学歴』で得すること

就職に関してはもちろんですが、いろんな記事でも書かれているので、省略させてもらいます
私も一応ですが、それなりの高校(県内トップ)・大学(旧帝大)出身ですので、経験を踏まえて紹介していきたいと思います

周りの環境による自分自身の意識の変化

私の通っていた高校は、東大の入学ランキングに名前が載るくらいの進学校です
進学校なだけあって、周りの友達の受験に取組む時期が早く、勉強に意識高いです
だから、自分の勉強に対する意識も高くなります

当たり前です周りが勉強をしていれば、自分もしなければならないという焦りが出てくるからです

(私がブログを始めたのも、周りがクリエイティブな活動を始めていたからです)

そのおかげもあって、今の大学(旧帝大)に入ることができたと思っています

周りの環境によって自分が大きく変わります
自分の意識で自分を変えるより、簡単に変えることができるのです
これを利用しないことは非常にもったいないです

そして『高学歴』な学校では、周りの友達の意識が非常に高いです
みながそれぞれに優れているところを持ち、いろいろの考えを持っています
そういった環境の中で生活していること方が、得られるものが多いです

簡単に言うと、みんな頭が良くて、吸収できることが多いのです

また、考え方も変わってきます

例えば、バイトで得られる月給で話します
あなたの周りの人はバイトで月いくら稼いでいますか?
1万?5万?それとも10万ですか?

私のまわりでは、10万越えが多いので、それが普通だと思っています
え?多くない?と思った人が多いと思います

これが周りの環境による考え方の違いです

勉強でも同じで目指す大学も周りが東大・京大ばかりだと、名大・阪大なら行けそうとなります
逆に、周りが名大・阪大だと、名大・阪大が行けなそうに感じてきます

人間ってそんなもんなのです。周りの環境はとても需要です

周りの人たちの違い

偏差値の高い高校では、周りの友達がすごい人達になります
医者・弁護士・税理士など、大人になったときに、友達でよかったと助かる職業の人がおいです。また、頭がいいだけあって、非常に優秀です

私の友達にも、医師や弁護士になる人がいます
このつながりが、とても大事で、よかったことでもあります

人との関係はとても大事ですね
今はわからなくても困ったときに、とても助かります

実は私もこのブログを運営する上で、友達に助けてもらいました

それは「アイコンの絵」です
私は絵をかくのが、苦手なので、困っていましたが、高校時代の友達に頼んでみたところ、快く描いていただきました
ブログ運営のモチベーションアップにもなりますし、本当に感謝しています

人付き合いはとっても大事で、そういった考えをしっかりと持っている人が多い高校に行くことができよかったなと思います

まとめ

高学歴なり、得られるのは、

意識の高い環境に入り、自分自身が良い方向に変わっていける

医者・弁護士など、かけがえのない一生の友達に出会える

です

入ったときは、みんなまじめで全然楽しくないんじゃないか
と思ったりしたが、決してそんなことはありませんでした

自分から行動するのが苦手な私でも、周りのおかげで成長できているし、こうやって記事を書いています

人が高学歴を目指すには理由があったのです

【まだ間に合う】失敗しない夏休みの受験勉強!4つの心得を大公開「大学受験は、夏休みで決まる!」 ということがよく言われていますし、実際にその通りだと思います。 とはいえ、現役の受験生にとって...